2005年07月27日

「翼をください!」8話

「せつない別れ」

やっと8話。(^_^;)



淳弥(反町隆史さん)と別れ、ちょっとずつ「芸能人と自分」との距離を感じ戸惑う籐子(内田有紀さん)。

本当の母親に会い、妹の存在を知る。

澤木(佐藤浩市さん)が以前マネージャーをしていた宮城涼子の生涯をえがいた映画「喝采」を籐子に演じさせようとする志村社長(石田太郎さん)。
澤木は反対。

志村社長の手から「喝采」の台本を受け取り読んだ籐子。
宮城涼子を演じたいことを澤木に宣言する。



以上が8話の概略。

ここで出てきた病気の妹は佐藤仁美さん。
雑誌などでは「籐子に送られてきた白い羽の送り主は妹だった」と書かれていたけど、ドラマでそのことについて触れられる場面はなかった。(-_-;)

志村社長(石田太郎さん)の「さ〜わ〜き〜」節も健在だが、「とぉ〜こちゃんっ!」も炸裂。似合いすぎてて怖い。しかも神出鬼没で籐子の前にちょくちょく現れる。

大プロダクションの社長が・・・ありえないでしょ(笑)。


8話で好きな場面は、母と籐子がバスに乗りながら別れるシーン。
すごく籐子が切ない顔していて「内田有紀」では見たことない表情だったからだ。

ミュージカル「月が地球に〜」のラスト部分でもかなり切なかったが、切な度ではこれが1番だと思う。


さて、ラストに向けて破滅しかけていく籐子。
みどころ満載。
posted by ふわわ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

「笠利口」バス停を探せ!

bus.jpg

以前奄美大島へ行ったとき、せっかくだからexclamation&question「翼をください!」ロケ地めぐりをしてみた。

結構自然がメインだったので特定できない場所も多かったが実りある旅行だった。

1話で出てきた「笠利口」バス停。バス

これほどわかりやすい目印もなかろう!と探したが見つからない。

結局笠利の郵便局で聞いたら「あれはロケ用で実際には無い」と丁寧に教えてもらった。

そうかそうか。
そりゃ見つからないわなー。
posted by ふわわ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

「翼をください!」7話

「切り裂かれた純愛」

あー切ない。切ない展開になってきた。
たった1話で天国と地獄気分を味あわせてくれた7話。

志村社長の「さ〜〜わ〜〜き〜」節も炸裂。
適任だね、石田太郎(2代目刑事コロンボの声をされている)さん。


まず
 天国:籐子歌手デビュー間近(「好きになれ」)。
    籐子と淳弥の関係順調。
    籐子が誕生日を迎える。
    いったん中止になった歌手デビューが実現。
    デビュー曲「泣きたくなる」が1位獲得。


 地獄:志村社長によって「好きになれ」によるデビューと大手CM出演が中止。
    籐子と淳弥の関係が週刊誌で紹介され記者においまわされる。
    淳弥がラグビー部のコーチを辞職。
    結果、別れる二人。
    しかも麻美(水野美紀さん)に淳弥を奪われた。



↑これ以外の展開だと、
6話の最後で臣(真木蔵人さん)に絵を見せられた後、
籐子は「そんな・・。困ります、勝手なこと(自分の裸体の絵を描く)しないでください」みたいなことを言って立ち去っている。

当時は「そりゃそうだよなー」と思ったが、
今は「え?別にいいんじゃない。素敵な絵だし。」と思った。
あー、歳とったってことかなー。exclamation&question

奄美の母こと叔母(奈美悦子さん)が夫の選挙資金の援助を澤木(佐藤浩市さん)に頼みに来る。


淳弥がコーチを首になったのは暴力沙汰のせい。
これは明らかに本人が悪い。

麻美に押し切られた形で付き合い始めたとしても、やっぱり別れ話は自分から籐子に言うべきだったでしょ。パンチ>淳弥

籐子だって麻美の口からでなく淳弥から別れ話をして欲しかったはず。
麻美から「あなたのせいで桜木君からラグビーを奪ったのよ」なんて言われたら、そりゃ何も言えなくなるでしょ。


そして最後に籐子の本当の母親登場。



ダラダラと思いのまま書き綴ってしまった。
9年も前のドラマなのにまた熱い思い復活どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
posted by ふわわ at 20:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 「翼をください!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

「翼をください!」6話

「最後まで走りたい」

淳弥(反町隆史さん)が膝に怪我を負い走れなくなる。
籐子(内田有紀さん)も初のドラマ出演が決まったが、淳弥の怪我が気になり集中できない。

紆余曲折あるが、お互いの頑張りに支えられて奮起する二人。
そして最後の走りを籐子だけに見せる淳弥。
絆を深める二人。

臣(真木蔵人さん)に招待された展覧会を訪ね、籐子の裸体をモチーフにした絵を見せられたたずむ籐子・・・。


以上が6話の概略。


芸能界で本格活動始めた籐子。
もちろん澤木(佐藤浩市さん)は妨害するほどではないが、淳弥との交際を喜んでいるわけはない。
それを承知だからこそ、病院でずっと看病していたい気持ちを殺して仕事する籐子。

若者たちが色々ありながらも輝いて生きているのに対し、裏では芸能界のドン・志村社長の魔の手が迫りつつある・・・。

なーんて。
なかなかドラマっぽくなってきた感じexclamation&question

ほとんど看病にいけない籐子と毎日病院へ行っている麻美(水野美紀さん)。
まずい展開になるかなと思ったけど、お互いの絆が麻美を立ち入らせることなく、ちょっと嬉しい展開。
あー今回に限っての話だけど。(-_-;)

最後の走りを籐子に見せるシーンも中々好きだけど、澤木が事務所で「籐子ちゃんの笑顔を見ているとみんなが元気になるんだよ」って籐子に伝えるシーンが今回で一番好きだったかな。
あれだけ「笑えない女の子」と言われ続けた籐子が、人に必要とされる人になったのだから。

最後に出てきた臣(真木蔵人さん)。
普通、あまり知らない男の人の部屋に入らないでしょ。>籐子
危ないって。爆弾

posted by ふわわ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

「じゃじゃ馬ならし」

おぉぉおぉ!
スカパーのフジテレビ721で「じゃじゃ馬ならし」が8月22日(月)から放送。
やったー。ハートたち(複数ハート)

しかもボクドラ「放課後」も初登場するとか!!

これっていい流れだよね〜。
もしかしてもしかすると「その時、ハートは盗まれた」とか「時をかける少女」とかも放送したっていいんじゃない(笑)?

というより「内田有紀特集」希望!
posted by ふわわ at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 「じゃじゃ馬ならし」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「翼をください!」5話

「夢を見たいから」

籐子(内田有紀さん)と淳弥(反町隆史さん)が初めての朝を迎える。
以前、澤木(佐藤浩市さん)がマネージャーをしていた宮城涼子の息子が訪ねてきて過去の話が打ち明けられる。
淳弥が試合で選手生命を絶たれるほどの大怪我をおってしまう・・・。

これが5話の概略。



淳弥が観覧車の中で籐子にペンダントをかけようとしたらめまいがして、ペンダントを下に落としてしまったシーン。「淳弥が病気で死んでしまい籐子の人生が狂う?!」と思ったが全然違った(汗)。本当にただ単に高所恐怖症だったようだ。あせあせ(飛び散る汗)
デートした場所はよみうりランド。遊園地

4話の最後にチラッと出てきた送り主不明の手紙に入っていた「羽」。
5話では事務所のスタッフに捨てられてしまう。
結構重要アイテムかと思ったら・・・その後ほとんど触れられなかった。ふらふら
「羽」については7話だか8話の時にまた触れようと思う。

ドラマで澤木が語っているモノローグ。
すべて過去形のため、話の最後は誰かの死によって完結するのかと思っていた。
もちろん有力候補exclamation&questionは籐子。
そんな終わり方も見たかった気がする。
posted by ふわわ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

幸せになりたい

「翼をください!」は休憩。あせあせ(飛び散る汗)



ちょっと前まで「幸せになりたい」と検索したら、内田有紀さんの曲が検索できていたのに・・・。

残念ながらTBSのドラマ「幸せになりたい!」にとって変わられてた。たらーっ(汗)

まぁ、
映画「花より男子」で共演した谷原章介さんや
ドラマ「半熟卵」で共演した鶴見辰吾さんや
ドラマ「17才」で共演した伊原剛志さんが出ているドラマなので是非とも頑張ってもらいましょー。
posted by ふわわ at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「翼をください!」4話

「ファースト・キス」

今まで「奄美っ子」だった籐子が「スター」へと変身。
青ベースだった地味目の服もすっかり芸能人っぽく(?!)変わった。

でも「中身は一緒」だと表現している部分もあるのだが、性格が明るくなりすぎたせいかあまり伝わってこなかった。


籐子が仕事でキスをする、と言うことを淳弥が知ってやきもちを焼く。
それによって二人の仲が急接近。

しかしどうだろう?

今まで淳弥はあんなにも籐子に興味なかったのに。

もうちょっと二人がうまく行くまでの過程を丁寧に描いても良かったのでは?!


臣(真木蔵人さん)の「謎めいた人物」「キーパーソン」もうまく描けず、本当になぞの人物で終わってしまうし・・・。(^_^;)

好きなドラマなんだけど、見返すと結構突っ込みがいあるなー。
posted by ふわわ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

「翼をください!」3話

毎日1話ずつ見直しつつDVD化する、というのが結構難しい作業だと思い知る今日この頃。(^_^;)

ま、ゆっくりやりましょう。



「ずっと好きだった」  

3話は川辺籐子が「奄美少女」から「スター」へと変化する話。


音楽プロデューサーの北村(升毅さん)が籐子の為に作った曲が私の中で結構ヒット。るんるん 出来ることならば最初から最後まで全部聞きたかったなぁ。


この回の最後に「紅(ルージュ)の告白」という籐子がスターになった証である街看板が登場。

3話までが割りとゆっくりと進んでいたのに急激にスターになられると「へ?!」って感じがして違和感あり。

当初から「一人の女性の10年間を描く」と言われていたから、突然「○年後」に飛ぶのは仕方ないのか?!

ま、実際のドラマでは10年も経過しなかったと思うけどさ・・・。
posted by ふわわ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

「翼をください!」2話のロケ地

「オーディション」

籐子(内田有紀さん)と淳弥(反町隆史さん)が語っていた公園は六本木と神谷町の中間辺りにある狸穴公園

この公園、「甘い生活。」の2話で野添今日子(千秋さん)が無言電話していた場所と同じ公園。



籐子と澤木(佐藤浩市さん)が通っていた定食屋さんは「ふじ味」というお店。
96年当時すでに取り壊し予定があったとのことなので現在はないと思われる。


posted by ふわわ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

「翼をください!」各回視聴率

 1:私を買って下さい  15.2%
 2:オーディション   13.3%
 3:ずっと好きだった  15.3%
 4:ファースト・キス  15.1%
 5:夢を見たいから   15.5%
 6:最後まで走りたい  11.6%
 7:切り裂かれた純愛  12.9%
 8:せつない別れ    11.5%
 9:わたしは誰?    14.1%
10:壊れた人形     14.1%
11:裸のアイドル    13.2%
12:空を飛ぶ鳥のように 11.5%



余談
posted by ふわわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

「翼をください!」見なおしの旅

tsubasawo.jpg

今日から1話ずつ見ていく予定。
ついでにビデオテープからDVDへ保存するつもり。

ビデオテープの劣化が怖いなぁ。ふらふらバッド(下向き矢印)
posted by ふわわ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

「翼をください!」川辺籐子のプロフィール

生年月日:不明
     プロフィール上では78年6月13日。

血液型:O型

星座:ふたご座

出身地:鹿児島県奄美郡笠利町

最終学歴:奄美高校卒業

特技:絵を描くこと

アイテム:ポケベル



生年月日が不明ってすごくないっすか?!
ポケベルがアイテムっていうのも時代を感じる。
posted by ふわわ at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

「翼をください!」籐子の事務所

ドラマ「翼をください!」内田有紀さん扮する川辺籐子が所属する事務所はSawakiオフィス。

この事務所の屋上は東京タワーが良く見える。

実際に使用されていたのは港区にある芝ロイヤルビル。



場所と言えば、
「翼をください!」の製作発表を行った(5月29日)のはホテルニューオータニ。「麗の間」。

何度かドラマで登場した画材屋さんは銀座にある「月光荘」。


あれ?!
ただただロケ地紹介になってしまった。あせあせ(飛び散る汗)

posted by ふわわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追憶:ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

「翼をください!」のエンディング

7月1日。
96年の今日、ドラマ「翼をください!」の放送が開始された。
それを記念して今日からしばらくの間、「翼をください!」関連のネタでいこうと思っている。

ドラマのエンディングで使用されていた「EVER&EVER」
映像は96年5月28日日比谷野外音楽堂で行われた「お祭りLIVE'96"愛のバカ"」でのライブ模様が使われている。

ビデオ化されず(当然DVDも)誰もこのライブについて将来に渡って触れない気もするからここで曲目だけでも紹介しておこう。


1:君が来るのを期待していたんだから
2:BABY'S GROWING UP
[TALK]
3:純情可憐乙女模様
4:北風と太陽
5:19
[TALK]
6:泣きたくなる
7:MADE IN ASIA
8:遠い記憶
9:銀のペンダント
[TALK]
10:Baby's Universe
11:BE MY BOY
12:シークレットダイヤルを廻せ
13:ONLY YOU
[TALK]
14:TENCAを取ろう!
15:Key
16:バラ色Knockin' Beat
17:NEVER ENDING PARTY
[ENCORE]
18:幸せになりたい
[TALK]
19:だから恋ってやめられない!


↑書いていて思い出したのだが、ビデオ「NO MAKE」はライブビデオと言えなくもない・・のか?


日比谷野音でのライブは気持ちが良かった。雨天決行だったが雨の心配などいらないほどいい天気だった。

ライブ終了後、会場に「蛍の光」のように流されていた曲が、「翼をください!」の主題歌になるのかな?と思っていたが、当時未発表だった「鳥かごの中の僕」だった。

妙にしっとりしていて、当時の内田有紀さんからは想像も出来ない曲調だった。

内田有紀さんにとって大きな転機になった「翼をください!」。賛否は人それぞれ。でもこの作品があったから長くに渡って私がファンでいるきっかけになった作品であることは間違いない。
posted by ふわわ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 「翼をください!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。