2006年06月02日

ゲンダイネット

再始動する内田有紀の周辺事情 (ゲンダイネット)



以下丸写しです。


●4年ぶりドラマ

 ついに内田有紀(30)が連続ドラマに復帰する。

 7月スタートの「誰よりもママを愛す」(TBS)で、内田は田村正和の長女役を演じる。

 内田は02年12月に吉岡秀隆との電撃結婚を発表。以来、女優業を休業していた。その吉岡と昨年12月に離婚したことで、女優復帰の話がささやかれていた。それがついに決まったというわけだ。

[PR]




「北の国から2002 遺言」(フジテレビ)以来のドラマ出演となる内田は「自分も楽しんで演じたいと思っています。役名も自分と同じ“ユキ”なので、このキャラクターを愛してもらえるように頑張りたい」とヤル気まんまん。“新生”内田の演技に注目が集まっている。

●新恋人の影…

 内田の“再スタート”は仕事だけではない。プライベートでも新恋人のウワサが浮上している。

 お相手はファッション関係の事業を手掛けている河瀬義昭という人物。ギャルを中心に圧倒的な人気を誇るブランドを幅広く展開し、年商200億円ともいわれている。

「河瀬氏は『テイクアンドギヴ・ニーズ』の野尻佳孝社長や『サイバーエージェント』の藤田晋社長といった“ヒルズ族”とも親しい間柄で、芸能界との接点もある。内田は過去にも河瀬氏との交際を報じられたことがあって、離婚をきっかけに再接近したのでしょう。離婚後に他の関係者たちと一緒に香港旅行に出かけた様子を地元紙に報じられたこともあります」(IT関係者)

 公私とも絶好調というわけだ。

●移籍のウワサ

 女優業を再開することに合わせ、内田の周辺も大きく動き出しそうだ。離婚して以来、内田には所属事務所を移籍するのではというウワサがささやかれているのだ。

「このところ、女優やタレントが事務所を移籍して再出発するケースが増えていて、そのひとりとして内田の名前も挙がっている。離婚と女優復帰を経て、心機一転を図るというのです。内田の所属事務所は離婚直後から“本人が仕事をする気になったらサポートしていきたい”とバックアップ宣言しているから、すぐにということはないでしょう。芸能活動が波に乗って、一段落ついたら何かしら動きがあるかもしれません」(事情通)

 内田が本格的に動き出すのはファンにはうれしい限り。

【2006年5月30日掲載記事】




[ 2006年6月2日10時0分 ]
posted by ふわわ at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。